健全な企業活動

大末建設は、企業活動において法令を遵守することは勿論、社会倫理に適合した行動をとるとともに、安定した経営基盤を構築することにより、社会から信頼される企業を目指します。

法令遵守

「法令遵守」は、CSR(企業の社会的責任)の根本原則です。
大末建設グループでは、法令のみではなく、社会常識やモラルも含めたコンプライアンスの実行を経営や事業に関わる最重要課題と認識して、コンプライアンスの徹底を図り、社会的信用の向上に努めています。

【大末建設グループ コンプライアンスの基本方針】

  • ・法令や社会倫理及び行動規範等の遵守を図る
  • ・公正で明朗な事業運営に努め、よき企業市民を目指すことを追求する

リスク管理

大末建設グループは、リスクを事前に予防し、またリスクが発生した場合には、迅速かつ的確に対応することにより被害を最小限にくい止め、再発を防止することによって、企業価値の保全を図ります。

【大末建設グループ リスク管理の基本方針】

  • ・法令および「大末建設グループ行動規範」をはじめとする社内規程を遵守する
  • ・リスクを未然に防止する為の研究を行い、社内体制を整える
  • ・社会環境の変化の動向を注視してリスクを的確に把握し、リスクに対して未然に適切な処置をとる
  • ・リスクの発生が差し迫っていると認知した場合、あるいはリスクが発生した場合は、責任ある行動をとるとともに、再発防止のために適切な処置をとる

情報セキュリティ

大末建設は、ネットワークコンピュータ上を流通する情報やコンピュータ及びネットワークなどの情報システムの重要性を認識し、その適切な情報資産の保護・管理を行うことが社会的責務であると考えています。

【情報セキュリティポリシー】

情報セキュリティの目的

当社は、健全な企業活動のために、経営の基本原則とし、日々の業務において、情報資産のセキュリティを確保することを目的とします。

情報セキュリティの適用範囲

当社が所管するすべての情報資産、及び、その取扱者に適用します。

情報資産の管理体制

当社は、組織体制の整備と情報セキュリティに関する責任と権限を明確化し、情報資産の安全を確保します。

情報システムの管理

当社は、情報システムの安定的な運用を図るため、適切な技術的セキュリティ対策を実施し、情報システムの機密性、完全性、可用性を確保します。

情報セキュリティの教育

当社は、情報セキュリティの意識と技術の向上を目的に、役職員に対して教育・研修を実施します。

ページの先頭へ