解体/産廃処理

【解体】
解体をスムーズに行うには、事前に準備される工事プランが大切。解体工法の選定や工程の立案などが適切であることが、求められます。その準備作業で必要となるのが、近隣、障害物、規則・交通などの条件。それらの条件をひとつひとつクリアして、関係するすべての人が納得する仕事となります。

【産廃処理】
建物を解体すると、さまざまなゴミとしての廃棄物ができます。コンクリートのかたまり、鉄、木材、プラスティック、ガラスなど、それまで屋根や室内を構成していた資材はもちろん、屋内に放置されていたものも混ざっています。廃棄物の処理においては、最大限に再資源化を目指しながら、適切な廃棄を行います。

協力会社一覧

ページの先頭へ