トップメッセージ

代表取締役社長 日髙 光彰

『外部環境に左右されない安定的な経営基盤の構築』を成し遂げ、安定配当に向けての持続的成⻑の為の施策に取り組んでまいります。

平素は格別のご支援を賜り厚く御礼申しあげます。

わが国の経済は、このところ弱さもみられますが、緩やかな回復基調が続いております。先⾏きについては、雇⽤・所得環境の改善が続くなか、各種経済政策の効果もあり、緩やかな回復に向かうことが期待されるものの、中国をはじめとするアジア新興国や資源国等の景気が下振れし、わが国の景気が下押しされるリスクがあり、海外経済の不確実性の⾼まりや⾦融資本市場の変動の影響に留意する必要があります。

建設業界におきましては、住宅建設はおおむね横ばい、公共投資は緩やかに減少傾向にあるなか、杭施⼯のデータ流⽤問題が発⽣し、当業界の信⽤への影響が危惧されております。また、引き続き建設費の動向や建設労働者の需給状況に注視が必要な状況が続いております。

当社グループといたしましては、施⼯キャパシティを踏まえた適切な受注を⾏い、高い品質の作品を提供するとともに、平成28年度をゴールとする中期経営計画「ACHIEVE DAISUE 80th」に掲げる基本方針、「外部環境に左右されない安定的な経営基盤の構築」に向けた施策を着実に実⾏し、⽬標を完遂することにより安定成⻑を⽬指してまいります。

株主様および関係者の皆様におかれましては、何卒今後とも変わらぬご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

ページの先頭へ